京都府立医科大学眼科

 

1)「視野検査」とは?

視野とは、まっすぐ前方を見ている時に、上下左右前方、どの位の範囲を見えているかを調べる検査です。ちなみに正常な人では、片目につき上方に60度、下方に75度、鼻側に60度、耳側に100度という広い視野を持っています。通常人は両眼で物を見ているので、片方の眼を隠さないと、自分の眼の視野に異常があるかどうかはわかりません。

視神経の障害や緑内障などの眼疾患では、片方の眼が障害されたり左右の眼の障害の程度が違ったりします。したがって、左右別々に視野検査しなくては、異常があるかどうかはわかりません。

 

2) 視野検査の方法は?

視野検査は、片方の眼をカバーして行います。正面の固視点を見ていて下さい。周辺の見える範囲に光指標がみつかるかどうかを調べます。

視野検査は、中心以外の範囲で見えるかどうかを調べる検査ですから、検査中正面の固視点をじっと見ていることが大切です。眼を動かして光指標を探してはいけません。正面を見て、周辺のみえる範囲に光指標が現れるまで待って下さい。

▲ページトップへ

 

3)視野検査には2種類あります。

1)動的視野検査 光指標は周辺の見えない領域(視野範囲外)から中心に向って、光指標が見えるところまで移動してきます。この検査は、大きな半球状の機械を使用して行います。
2)静的視野検査 この検査での光指標は動きません。いろいろな明るさの小さな指標がついたり消えたりする、コンピューターの検査です。通常、半球状の機械かコンピューター画面を使用します。

 

irfig1

日静的視野検査結果。右図の黒で示される領域は視野が障害されている範囲です。

 

4)検査中必要なこと

正面の固視点をじっと見て、見える範囲に光指標が現れるまで待ちます。指標を探してはいけません。
光指標が見えたと思ったら、すぐにボタンを押して下さい。
この検査はとても難しく感じますが、うまく検査できているかどうかを気にする必要はありません。

検査中、休憩が必要と感じたら、検査員に申し出て下さい。

▲ページトップへ

 

5)よくある問題点

視野検査では、”難しい”、”眠たくなる”、”注意力が落ちていって光が見えるか見えないかわからなくなる”などと感じることがあります。視野検査は非常に繊細な検査であるため、しばしばこのように感じるのです。見える限界を探すため、光指標はだんだん暗い光になるからです。

時にあなたの眼が正常な視野のとき、コンピューターがどんどん見にくい指標を提示してくるため、検査が非常に難しく感じることがあります。

 

6)視野検査が必要な理由

視野検査によって、眼、視神経、脳などの沢山の病気が発見されます。
例えば、緑内障で視野検査をする場合は、病気の初期の変化である小さい暗点を調べるために行います。何度も繰り返して行う場合は、暗点が広がっていないかどうかを調べるために行います。

視野検査によって、他の検査ではわからない情報を得ることができます。検査結果は担当医が詳しく説明いたします。

 

7)定期検査が必要な理由

眼の病気は何歳の人にも起こります。かなり障害が進んでからでないと自分ではわからない病気も沢山あります。
多くの眼の病気は、早期発見、早期治療により失明を防ぐことができます。眼科で定期検査を受けることは非常に大切です。

一覧へ戻る

▲ページトップへ