京都府立医科大学眼科

 

1)黄斑上膜とは?

眼には、カメラのフィルムにあたる部分が存在します。それが網膜です。網膜は眼球の内側を裏打ちする神経でできた膜で、ここで光を感じ取ります。その網膜の中でも、物体を特に鮮明にはっきりと感じることのできる部分があり、それを黄斑といいます。黄斑上膜とはこの黄斑の上にセロファン状の膜ができる病気です(下図1、2参照)。

ouhan011

ouhan021

2)黄斑上膜の症状は?

物を見る中心である黄斑の上に膜ができるため、膜越しに物を見ることになり視力低下が生じます。またこの膜が収縮することによって網膜を引っ張り、網膜に皺(しわ)を作ったり黄斑に浮腫(むくみ)を起こしたりすることがあり、そのために物がゆがんで見えたりする場合もあります。

▲ページトップへ

 

3)なぜ黄斑上膜が起こるの?

黄斑上膜ができるのには、様々な原因があるのですが、最も多い原因は加齢に伴うものです。正常な眼球でも40歳から60歳くらいになると、眼球の大部分を占める硝子体に生理的な変化が起こってきて、硝子体が網膜から離れていくのですが、この時に黄斑に硝子体の一部が残ってしまうことがあり、これが分厚くなって黄斑上膜となります。(下図3参照)。

ouhan03

その他、外傷、ぶどう膜炎(眼内に炎症がおこる病気)、網膜裂孔、網膜剥離の手術後などでも2次的に黄斑上膜ができる場合があります。

 

4)黄斑上膜の検査は?

通常の検査(視力検査、眼圧検査など)の他に眼底検査(直接眼底の状態をみる)、アムスラーチャート(ゆがみの程度を判定)、OCT(=光干渉断層計)(網膜の断面を撮影) などにより黄斑上膜の状態を総合的に評価します。また、黄斑上膜は放置しておくと、黄斑部に強い皺(しわ)・浮腫(むくみ)・円孔(あな)を作ってしまうことがありますので、手術をしない場合でも定期的な診察を行い、黄斑上膜の状態を検査しておく事が大切です。

4)治療はどうするの?

黄斑上膜は眼の一番奥で起こっている病気なので、お薬やメガネでは治すことはできず、手術によって黄斑上膜を除去する以外に膜を取り除くことはできません。黄斑上膜があれば、すぐに手術をしなければならないというわけではありませんが、視力低下・ゆがみ等の患者さん自身の自覚的症状が強くなったときに、症状の改善のため手術(硝子体手術)を行います。

黄斑上膜に対する硝子体手術では、まず眼球の中を占めている硝子体(透明なゼリー状の組織)を専用の器械によって切除します。その後小さいピンセットのような器具で黄斑部のセロファン状の膜を慎重にはがしていきます。黄斑上膜をはがした後の網膜の状態によっては眼球内にガスをいれて終了することがあり、その際は手術後うつぶせの姿勢をとる必要がありますが、当院ではうつぶせのための補助用具をそろえております。

当院では25ゲージ硝子体手術システムを導入しております(下図4参照)。この手術は傷口の大きさが従来の約半分(0.5mm)であり、結膜(しろめ)を切ることなく無縫合で行うことのできる、低侵襲(目にやさしい)手術です。これによって手術後の目のごろつきなどの異物感や不快感が大幅に減り、回復も早くなりました。

ouhan04

一覧へ戻る

▲ページトップへ