京都府立医科大学眼科

1)黄斑円孔とは?

眼の解剖から説明します。眼には、カメラにおけるフィルムにあたる部分が存在します。それが網膜です。眼の内側に張りついた神経でできた膜です。ここで光を感じ取ります。眼の中に入ってきた光は網膜で感じるわけです。

その網膜の中でも、物体を鮮明に、はっきりと感じる部分があります。すなわち網膜の中の命にあたる部分があります。それが黄斑なのです。その大切な黄斑に孔があく病気を黄斑円孔と呼びます。

正常な黄斑 黄斑円孔

 

2)黄斑円孔の症状は?

黄斑円孔の初期症状は、視力低下と物のゆがみです。徐々に進行しますと、その見にくい部分が大きくなり、より視力が低下します。黄斑は網膜の中心ですから、見にくい部分は見ようとする中心なのです。見ようとする中心以外の周辺は今までと変化がありません。痛みはまったくありません。不幸なことは、まれに両眼に黄斑円孔がおこります。良い方の眼も今後注意が必要なのです。

 

3)なぜ黄斑円孔がおこるの?

眼には、網膜の内側で、眼の大きな部分を占める硝子体という部位が存在します。これは、透明でドロっとしたゼリーのようなものです。この硝子体は網膜の内側で、網膜と面状にひっついています。この硝子体がひっぱることにより、網膜の中心に孔があくのです。すなわち黄斑円孔ができてしまうのです。

初めは小さな孔なのですが、徐々にまんまるの大きな穴になります。なぜ、またはどのように硝子体がひっぱるかは、詳しくはわかっていません。黄斑円孔は60代の年齢の人を中心におこり、女性に多い傾向があります。

▲ページトップへ

 

4)手術はどうするの?

黄斑円孔の手術は、まさしくこの硝子体を切除することにあります。硝子体のひっぱる力を無くしてやることなのです。しかし、硝子体のひっぱりを取っても、それだけでは十分ではありません。手術の最後に、この硝子体があった部分を特殊な気体で置き換えてやるのです。この置き換えた気体が、眼の内側から網膜を押さえつけます。先ほどの硝子体のひっぱる力を無くすことと、気体がおさえつける効果で黄斑円孔が閉鎖できます。

手術は、ほとんどの場合、眼球のうしろに麻酔薬を注射する局所麻酔で行います。すなわち、患者さんは意識があり、術者の声も普段どうり聞こえる状態でします。手術時間は、30分~1時間です。きっちり局所麻酔ができれば、手術中に痛みを感じることはありません。

 

5)手術後の安静、体位は?

黄斑円孔は、眼の後ろ(奥)に存在するため、この部位に気体が当たる必要があります。すなわち、うつむきの姿勢が必要です。横たわっても結構ですし、座っても結構です。後頭部が頂点になる姿勢をとってもらいます。

しかし、この姿勢は手術と同程度にとても大切です。これで手術結果が決まると言っても過言ではありません。うつむきの期間は3日~1週間がめやすです。

▲ページトップへ

 

6)手術の合併症?

やはり眼にメスを加える手術ですので、稀に術後に予期しない合併症がおこります。以下にその合併症を列記します。

網膜剥離・術後高眼圧・術後眼内出血・感染症などがありますが頻度は非常に低いです。

また、白内障手術を黄斑円孔手術と同時に行う患者さんは関係ないのですが、白内障手術を同時にしない患者さんにとって問題となる合併症があります。それはゆっくりと進行する白内障です。すなわち水晶体が濁ってくることです。これは、50歳以上方はほぼ全員に生じます。進行の程度は数日で変化する方から、2~3年かけてゆっくり進行する方まで様々です。白内障が進行して視力に影響がでれば、通常どおりの白内障手術をおこないます。

 

7)手術後の視力は?

一般に黄斑円孔がおこってからの経過期間が短いほど、また円孔の大きさが小さいほど閉鎖率も高く、視力の予後は良いとされています。最近のデータでは、手術をした場合、約9割の方が閉鎖し、約6割の方が視力向上するといわれています。

しかし、どんなに良い経過をたどっても元の状態に戻るわけではなく、視力の上がらない方も約3割あります。中には少し視力が下がる方もおられます。術後視力は我々にも予測できません。患者さんによっては、どうしても孔がふさがらない方がおられ、もう一度手術を行うか、あるいはもう一度気体のみを眼内に注入してうつむきの姿勢をとってもらうこともあります。

この黄斑円孔は手術せずに放置すると、さらに視力低下をきたすこともありますが、全く失明するわけではありません。眼科医とよく相談して納得のいく治療法を選択することをおすすめします。

一覧へ戻る

▲ページトップへ