京都府立医科大学眼科

 

1)結膜炎とは?

私たちの目は、中心の黒目(くろめ)とその周りの白目(しろめ)の部分に分かれています。白目は、その表面を透明の薄い膜で覆われていますが、これを結膜(けつまく)と呼びます。

結膜は粘液を産生して、目の表面にうるおいをあたえる働きがあります。結膜の中には細い血管がたくさん通っていて、結膜が何らかの刺激を受けることにより、それらの血管がより太くなって、たくさんの血液が流れるようになり、白目が赤くなります。この状態を「結膜炎」と言います。

 

2)結膜炎の原因は?

結膜炎の原因は色々ありますが、起こりやすいのは以下の3つです。

・感染
・アレルギー
・空気中の刺激物質

感染には細菌(バクテリア)によるものとウイルスによるものがあります。ブドウ球菌やレンサ球菌などの細菌が結膜炎を起こすと、目が赤くなり「目やに」も出ます。目やにがたくさん出るときは、急性の感染症であることが考えられますので、すぐに眼科医の診察を受けなければなりません。一方、慢性の炎症では、目やには少なく、朝起きたときに、まつ毛に少しこびりついている程度です。

ウイルスが原因である場合には、目が赤くなることに加え、風邪の症状である喉のいたみや鼻水が起こります。目やにはさらさらしていることが多く、症状は1~2週間つづきます。特に注意が必要なのは、一般に流行目と呼ばれるものです。流行目と呼ばれるものには、流行性角結膜炎、咽頭結膜炎、急性出血性結膜炎などがあります。

流行性角結膜炎、咽頭結膜炎はアデノウイルス、急性出血性結膜炎は、エンテロウイルス、コクサッキーウイルスにより生じます。ともにきわめて感染力が強いので、流行予防のため、一週間は自宅療養が好ましい。また細菌感染による結膜炎も、周りの人にうつる可能性があり、例えば、結膜炎の人の涙の付いたハンカチやタオルを介して感染することがありますので注意しましょう。

アレルギーによる結膜炎には、季節性と通年性がありますが、ともに自覚症状は、痒み、流涙、異物感が主で、眼脂は多くありません。刺激性のある煙や霧によって結膜炎が起こることもあります。

 

3)他に目が赤くなる原因は?

目が赤くなる原因は結膜炎だけではありません。とくに目の痛み、かすみ、まぶしさなどを感じるときには、単なる結膜炎ではなく、緑内障や角膜潰瘍、眼内炎である場合があります。これらを放っておけば失明につながる場合もありますので、目が赤いときには眼科医の診察を受けるようにしましょう。

 

4)眼科医による診察を受けましょう

ipfig1

目の病気は年齢に関係なく発生します。少しでも目の異常に気づいたときは、必ず眼科医に相談することを心掛けて下さい。

一覧へ戻る

▲ページトップへ