京都府立医科大学附属病院で眼科を受けられた患者様・ご家族の皆様へ

今回、京都府立医科大学は、斜視に関する研究「MRIを用いた斜視の眼筋位置および眼球形状変化の検討」を実施いたします。そのため、過去に京都府立医科大学附属病院あるいはバプテスト眼科山崎クリニックで斜視外来を受けられた患者様の診療録を過去にさかのぼって調査させていただきたいと考えています。

研究の目的

斜視手術前後に撮影されたMRIについて、眼球形状の変化を解析し斜視の原因の究明や新たな治療方法の開発を目的とします。

研究の方法

  • 対象となる患者様について
  • 2000年1月1日から2016年3月31日までの間に、京都府立医科大学眼科あるいはバプテスト眼科山崎クリニックで斜視外来を受診された患者様が対象となります。

  • 方法について
  • 過去に斜視外来にて撮影されたMRIの外眼筋の位置や眼球形状の変化について画像解析ソフト等を用いて解析させていただきます。手術による眼球形状の変化の有無を調べ、その解析結果と臨床所見を比較検討する予定です。また、本研究は東京医科歯科大学眼科学教室と共同研究を行っておりますので、東京医科歯科大学眼科学教室にデータを提供する場合があります。

  • 資料の管理について
  • 情報はすべて匿名化され、個人が特定されることはありません。また、研究発表が公表される場合でも個人が特定されることはありません。なお、本研究解析終了後、個人情報を特定できる連結表は完全に消去します。
    ご希望があれば、個人情報の保護及び本研究の独創性の確保に支障がない範囲内で、研究計画及び研究の方法に関する資料を入手又は閲覧することができます。その場合は、下記連絡先までご連絡をお願いします。
    ご自身の情報を本研究に登録したくない場合は、2020年3月31日までに下記の連絡先までご連絡ください。なお上記までに申し出がなかった場合には、参加を了承していただいたものとさせていただきます。
    本研究は、京都府立医科大学医学倫理審査委員会において、適切な研究であると承認されています。また、本研究の実施責任者は、稗田牧医師です。この研究計画についてご質問がある場合は下記までご連絡ください。

連絡先
京都府立医科大学眼科学教室
医師 中井 義典
電話(眼科学教室):TEL (075) 251-5578