■専門外来の詳細、各項目一覧
◇屈折矯正手術 ◇角膜 ◇ドライアイ ◇アレルギー
◇SJ外来 ◇円錐角膜・CL ◇緑内障 ◇網膜
◇未熟児 ◇ぶどう膜 斜視・弱視 ◇眼形成・涙道
◇ロービジョン ◇神経眼科外来

◆斜視・弱視

診療日時 毎週金曜日 午前

担当医師 稗田 牧、中村 葉、中井義典

対象疾患 斜視・眼筋麻痺など眼位異常を来す疾患、広く一般

概略

乳幼児から高齢の方まですべての年齢の患者さんが対象です。眼位(目の位置)・眼球運動の異常について、眼位矯正と両眼視機能(左右の目でものを見る力)の改善をめざして治療しています。

手術例として間歇性外斜視、部分調節性内斜視、乳児内斜視といった水平斜視が多くを占めますが、下斜筋過動や交代性上斜位の合併例も多く、これらの上下斜視に対する手術も数多く行っています。また比較的治療困難とされる麻痺性斜視や廃用性外斜視、強度近視による固定内斜視に対しても積極的に手術矯正を行っています。調節性内斜視や小斜視角の麻痺性斜視などには手術ではなく眼鏡による矯正(遠視矯正眼鏡やプリズム眼鏡など)で治療を行っています。

手術は毎週水曜日午前に行っています。全身麻酔の場合は2泊3日の入院、局所麻酔の場合は日帰り手術となります。

当外来では検査の難しい小児が多く、特に乳幼児の場合1回の受診ですべての検査が行えないこともあります。また外見上の問題による苦痛をもつ患者さんが多いこともあり、細やかな診療・患者さんに暖かい診療を心がけています。

▲ページトップへ