■専門外来の詳細、各項目一覧
◇屈折矯正手術 ◇角膜 ◇ドライアイ ◇アレルギー
◇SJ外来 ◇円錐角膜・CL ◇緑内障 ◇網膜
未熟児 ◇ぶどう膜 ◇斜視・弱視 ◇眼形成・涙道
◇ロービジョン ◇神経眼科外来    

 

◆未熟児

診療日時 毎週月曜日 午後

担当医師 米田一仁

対象疾患 未熟児網膜症

概略

網膜グループ医師が京都府立医大NICUにおける未熟児網膜症の診断及び治療を担当しています。近年、未熟児管理が進歩して低出生体重児の生存率が高くなるにつれ、必然的に重症の未熟児網膜症症例は増加する傾向にあります。

進行例に対しては、半導体レーザーによる網膜光凝固を主体とした治療を行いますが、本症では治療時期の見極めが重要です。自然治癒の可能性を十分考慮しながら、かつ治療効果の良い時期を逃さぬよう細心の注意を払って診療を行っています。

▲ページトップへ