京都府立医科大学とバプテスト眼科クリニックでは、『レーシック』の共同研究を進めており、18歳から29歳までの近視の方の臨床研究参加者を募集しています。
しかし、手術に対して不安があり、踏み出せない方も多く、参加者が集まらない状況です。
そこで消防士や警察官、運転手、スポーツトレーナーの方など、『視力』が一定必要となる方をはじめ、『レーシック』が気になっている方に向けた説明会を7月20日(木)に開催します。
本説明会を『レーシック』を人生の選択肢の1つに加えていただく機会にしていただくとともに、これを機に『レーシック』を検討されている方は、手術負担が不要となる臨床研究への御参加をよろしくお願いいたします。(臨床研究参加者募集期間:9月30日まで

日時

平成29年7月20日(木) 18:00~19:30

場所

京都府立医科大学付属病院 2階 南臨床講義室

内容

レーシック手術手法、有効性、安全性、費用負担、術後のリスク 等

※ 事前予約不要、無料

【共同研究の内容】

「レーシックが眼軸長に及ぼす効果の検証」(京都府立医大倫理審査委員会承認)

  • 目的
  • レーシック後の眼軸長の変化を検証する。

  • 対象患者
  • 18歳から29歳で、近視の程度が強いソフトコンタクトレンズ着用者

  • 試験方法
  • 片眼にレーシックを施行し、もう片眼はソフトコンタクトレンズで2年半、定期的に検査を行います。最終的にはもう片眼にもレーシックを行います。
    コンタクト代は個人負担になりますが、研究を脱退しない限り、診察代・手術代の負担は不要です。

  • 実施施設
  • 医療法人社団 聖医会 バプテスト眼科クリニック