■専門外来の詳細、各項目一覧
屈折矯正手術 ◇角膜 ◇ドライアイ ◇アレルギー
◇SJ外来 ◇円錐角膜・CL ◇緑内障 ◇網膜
◇未熟児 ◇ぶどう膜 ◇斜視・弱視 ◇眼形成・涙道
◇ロービジョン ◇神経眼科外来

◆屈折矯正

診療日時 毎週月曜日 午後

担当医師 木下 茂、稗田 牧、中村 葉

対象疾患 近視、近視性乱視、遠視、不正乱視などの屈折異常

概略

18歳以上で、眼鏡やコンタクトレンズの装用が困難である方を対象として、屈折矯正手術の適応があるかどうかについて検査させていただきます。手術治療としてはエキシマレーザー手術(レーシック、ピーアールケー、エピレーシック、カスタムレーシック、イントラレーシック)、眼内レンズ手術(有水晶体眼内レンズ、遠近両用眼内レンズ)について検査のうえ治療を行うことができます。研究機関の使命として、治療の安全性有効性の確認、長期経過について積極的に取り組んでおります。
なお、18歳未満の方について、新しい屈折矯正法の臨床研究を行っております。現在、近視進行抑制効果の可能性のあるオルソケラトロジーについて小学生を対象として臨床研究に取り組んでおります。
快適な日常生活を望まれる方のために丁寧な診療を心がけています。

ご興味がおありの方は、予約制になっておりますのでどうぞお問い合わせください。
075-251-5575

▲ページトップへ