9 瞼裂斑の手術について教えて下さい
質 問

瞼裂斑の手術を希望しています。費用とか日数とかの詳しいことが知りたいのですが。

回 答

瞼裂斑は白め(結膜)の表面が黄色く盛り上がる病気で、そこに血管も多く入っているので充血しやすい特徴があります。悪性ではなく年齢的な変化によって起きるものなので、一般的には手術はしません。
しかし瞼裂斑が炎症を繰り返し起こすときや、「目がゴロゴロしたり、赤くなりやすい」といった不快な症状があるときには手術をする場合もあります。
外見上気になるといった美容的な問題で手術する場合は、瞼裂斑は切除できても術後に充血が起きることもあるので、主治医の先生とよく話し合って手術するかどうか決められることをお勧めします。
手術は遠方のため通院が困難である方以外は入院する必要はなく外来で可能ですが、その後しばらくは通院が必要です。手術は局所麻酔で行い、時間は15分くらいだと思います。瞼裂斑手術の保険適応となるはっきりした手術名がなく、手術後に使う飲み薬や目薬の種類も施設により違うので、費用は各病院で異なります。
外来で手術する場合は約3万円かかると思われます。実際に自分で支払う金額は保険が2割負担であれば6千円、3割負担であれば9千円ぐらいではないでしょうか。
通院期間は病状にもよりますが、手術後の1週間は2~3回の受診が必要です。その後は症状にあわせて受診していただきます。いずれにしても、主治医の先生と手術について納得するまでよく話し合うことが大切だと思います。

文責:宮嶋 聖也

 

一覧へ戻る