[ 外来の診療棟 | 入院の病棟 ]

■ 眼科病棟 (D病棟 6階【D6】)

眼科病棟は主としてD病棟6階(D6)にあり、6人部屋が4室、個室が5室あります。
gaikan 6人部屋は北側に面しており、美しい鴨川の流れとともに京都の山々を見ることができます。毎年8月には京都五山の送り火を静かに眺めることのできる隠れたスポットでもあります。一方、個室からは左大文字山を真正面に望むことができます。

府立大学附属病院にはキャンパスと呼ばれるものはほとんど存在しませんが、その代わりに鴨川河川敷が絶好の散歩場所となります。天気の良い日には、眼科入院患者さんでも全身状態が良い方は鴨川を散歩することができ、とても好評です。なお入院患者さんの面会時間は午後2時から午後7時までですので、お見舞にいらっしゃるときにはご注意下さい。

D6病棟では眼科の患者様向けに、入院から退院までの入院生活が詳しくわかる病気別のスケジュールがあり、それに添って治療や看護を行っています。

また、目薬を上手く点す方法を大型ビデオで説明しています。画面が見えない患者様へは解り易いナレーションでの説明を行って目薬が上手く点せるように指導しています。患者様は1歳から99歳と幅広い年齢の方がおられ、また全国各地からこられますので、方言なども飛び交い視力の回復を願ってみなさん仲良く励まし合いながら入院生活を送っておられます。

メッセージコーナー

D6 病棟は、師長・看護師19 名、看護助手 1 名で患者様の立場に立った看護を心がけています。看護師は受け持ち制をとっていますので、担当の看護師が責任を持って患者様が入院生活を送っていただけるようにがんばっています。

 

カメラマークマークをクリックすると付近の画像を別窓でご覧いただけます。
入院病棟、案内図

6人部屋 廊下 談話室 受付 ナースステーション(看護師詰所) 眼科診療室

▲ページトップへ